災害

緊急事態宣言(WHO)でどうなる?過去の事例と学校や会社への影響も!

こんにちは!HARUです。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言がWHO(世界保健機関)から発表されましたね。

緊急事態宣言が発表されたことで今後どうなるのか、生活に影響はあるのか気になりますよね。

今回は「緊急事態宣言(WHO)でどうなる?過去の事例と学校や会社への影響も!」と題しまして、WHOから緊急事態宣言で今後どうなるのか過去の事例と学校や会社への影響についてまとめてみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう!

緊急事態宣言(WHO)でどうなる?

世界保健機関(WHO)は30日、中国を中心に拡大している新型コロナウイルス感染による肺炎について緊急委員会を開き「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たると宣言した。

中国での感染者の急増に加え、日本や米国、ドイツなどでも人から人への感染が発生していることを重く見て、これまで見送っていた宣言に踏み切った。

テドロス事務局長は30日、ジュネーブで記者会見し、WHOが確認した中国外での感染例は98件とまだ限定的なものの「これ以上の感染拡大阻止のため一致して行動すべき時だ」と表明した。一方で「不必要に人やモノの移動を制限する理由はない」として、感染地への渡航や貿易を制限する勧告は行わないと強調した。

今回の勧告では、こうした措置を加盟国が取る場合「リスクと費用対効果の分析」を行った上で判断すべきだと促す内容にとどめた。事実上各国の裁量に任せている。

また、テドロス氏は、中国は感染封じ込めに「並外れた措置を取った」などと高く評価した。中国に対しては、国民への情報公開や国際社会との情報共有、WHOの専門家チームと協力した調査などの継続を勧告した。

宣言に踏み切った理由としては「医療制度の弱い国に広がったらどうなるか、この危険性を最も懸念している」とテドロス氏は指摘した。中国と経済的な結び付きを持たない国は世界にほとんどなくなった。感染者が確認された国が日々増える事態に一定の危機意識を示した。

WHOによる緊急事態宣言は、現在の制度が整備された2005年以来で6件目となった。過去には、09年の新型インフルエンザや、昨年のエボラ出血熱などで宣言が出されている。

引用:Yahoo!JAPANニュース

WHOから緊急事態宣言、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」が宣言されましたね。

国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態

大規模な疾病発生のうち、国際的な対応を特に必要とするもの。従来は黄熱病、コレラ、ペストの流行を指していたが、新興再興感染症やバイオテロに対応する必要性や、伝染病検知の隠蔽防止の観点から国際保健規則(英語版)が2005年に改定され、原因を問わず国際的な公衆衛生上の脅威となりうるあらゆる事象が対象となった。

通告・指定

世界保健機関 (WHO) 加盟国はPHEICを検知してから24時間以内にWHOに通告する義務を負い、WHOはその通告内容に応じてPHEIC拡大防止のための迅速な手段を講じる。194か国に通じる法的拘束力をもってWHOによる疾病の予防、監視、制御、対策が施され、強制力はないもののWHOは出入国制限を勧告できる。

引用:Wikipedia

今回の緊急事態宣言は「不必要に人やモノの移動を制限する理由はない」として、感染地への渡航や貿易を制限する勧告は行わないと強調されています。

そして事実上各国の裁量に任せているとしています。

過去の事例と学校や会社への影響も!

2005年に国際保健規則が改定されてから、緊急事態宣言に指定された病気はこちらになります。

2009年新型インフルエンザの世界的流行(初の指定)
2014年野生型ポリオの世界的流行
2014年の西アフリカエボラ出血熱流行
2015年のジカ熱の世界的流行
2018-2019年のコンゴ民主共和国北キブ州でのエボラ出血熱流行(英語版)
2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行

引用:Wikipedia

新型コロナウイルスは6例目になるんですね。

この中で日本でも感染が確認されているのは2009年の新型インフルエンザの世界的流行になります。

この時は2009年4月24中国日に緊急事態宣言がされていて、日本で初めて感染が確認されたのは、5月9日カナダ帰国した高校生3人で、5月16日には日本国内での感染が初めて確認されています。

4月28日

メキシコを対象に、不要不急の渡航延期を求める感染症危険情報を出す

成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港でメキシコ・米国・カナダから到着した旅客機の機内検疫を開始

5月16日

兵庫県神戸市内の県立高校に通う、海外渡航歴の無い高校3年生の男子生徒(17歳)について、新型インフルエンザへの感染が確認。夜までに累計で高校生8人の感染が確認

5月18日

厚生労働省は、大阪府や兵庫県に全中学、高校の臨時休校を要請した。これを受け、大阪府内では公立の全中高で、兵庫県内では公立の全小中高で、それぞれ臨時休校措置(5月25日から再開)

その後も日本各地で新型インフルエンザは感染の拡大しています。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

厚生労働省の要請で学校が臨時休校の措置をとっていたこともあるんですね。

現在のWHOの緊急事態宣言では

「不必要に人やモノの移動を制限する理由はない」

と言われていますね。

日本国内での感染者は毎日のように報道されていますし、今後これ以上増えていくことや学校での流行が懸念されるようなことになれば、学校の休校になる可能性も出てきそうですね。

2009年のインフルエンザの流行と新型コロナウイルスはウイルスが違うのはもちろんですが、感染の仕方や感染力なども違ってくるので、参考程度になってしまいますが…。

 

まとめ

今回は「緊急事態宣言(WHO)でどうなる?過去の事例と学校や会社への影響も!」ということについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

新型コロナウイルスの緊急事態宣言は遅かったのではないかと言われていますね。

また新しいことがわかり次第追記していきたいと思います。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。