災害

コロナウイルス│名古屋高速道路の料金所閉鎖で経緯や封鎖場所は?

こんにちは!HARUです。

新型コロナウイルスの感染拡大のニュースが毎日続いていますね…。

名古屋では新型コロナウイルスに名古屋高速の事務職員が感染したというニュースがありますね。

今回は「コロナウイルス│名古屋高速道路の料金所閉鎖で経緯や封鎖場所は?」と題しまして、新型コロナウイルスで名古屋高速道路の料金所が閉鎖で経緯や封鎖場所についてまとめてみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう!

コロナウイルス│名古屋高速道路の料金所閉鎖で経緯や封鎖場所は?

名古屋高速道路公社は22日夜、4人のうちの60代男性が、料金所で収受業務を行う会社の事務員であると発表した。
事務員と濃厚接触した疑いがある料金収受員ら52人に自宅待機を指示し、それによる人手不足で5料金所(六番南入口、木場入口、六番北入口、船見入口、烏森入口)をすでに閉鎖、23日からは東海新宝入口も加えた計6料金所を閉鎖する。

引用:livedoorNEWS

2月22日に名古屋市で新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは料金収受会社に所属する60代男性事務員ということです。

この60代男性事務員は料金所業務は行っていないということです。

しかし、料金所職員52人と濃厚接触の疑いがあるということです。

この料金所職員52人が全員自宅待機となった影響で人手不足になり、料金所が閉鎖するということになったそうです。

名古屋高速道路で料金所が閉鎖されるのはこちらの料金所です。

22日午前9時から

・六番南(熱田区)

・木場(港区)

・六番北(熱田区)

・船見(港区)

・烏森(中村区)

23日9時以降

・東海新宝(愛知県東海市)

特に注意してほしいのが、ETCも使用することができないということです。

名古屋高速を利用する時には気を付けて下さいね!

Twitterやネットの反応

 

まとめ

今回は「コロナウイルス│名古屋高速道路の料金所閉鎖で経緯や封鎖場所は?」ということについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

新型コロナウイルスに感染した事務員さんは料金所では勤務していなかったということですが、今後も感染の心配がされますね…。

ETCだけでも通れるようにはならないのでしょうか…。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。