災害

新型コロナウイルスで東京オリンピックは中止か順延?影響についても

こんにちは!HARUです。

新型コロナウイルスの感染者が日本国内で発見されたり、武漢に渡航履歴のない感染者が現れたり毎日のように新型コロナウイルスについての報道がされていますよね…。

今年は東京オリンピックが開催される年ですが、新型コロナウイルスの影響が長引けば、開催が危ぶまれるのでは?という心配もされますよね。

今回は「新型コロナウイルスで東京オリンピックは中止か順延?影響についても」と題しまして、しんがたコロナウイルスで東京オリンピックの中止か順延の可能性について影響についてまとめてみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう!

新型コロナウイルスで東京オリンピックは中止か順延?影響についても

新型コロナウイルスの影響で中国の南京で2月に行われる予定だった女子サッカーの東京オリンピック・アジア予選がオーストラリアのシドニーでの開催にへんこうされているんですよね。

東京オリンピックは

2020年7月24日から8月9日まで

の開催期間になります。

今からちょうど半年後には東京オリンピックが開催されることになりますね。

では、ここで問題になってくるのが、新型コロナウイルスの流行は半年後には落ち着いているのかどうかということになってくると思います。

新型コロナウイルスのワクチンは現在開発中で早くても3ケ月は開発に時間がかかると言われています。

流行したウイルスというと、SARSやMERSが記憶に新しいですよね。

SARS(重症急性呼吸器症候群・SARSコロナウイルス)

流行期間

2002年11月から2003年7月

約8ヶ月間

MERS(中東呼吸器症候群・MARSコロナウイルス)

2012年サウジアラビアで発病

2015年韓国内で流行

流行期間

2015年5月から12月

約7ヶ月

簡単にまとめてみました。

ウイルスの収束まで7ヶ月から8ケ月の期間がかかっているんですよね…。

日本国内では現時点で

東京・神奈川・愛知・奈良・北海道・大阪

での新型コロナウイルスの感染者が各医療機関に入院されています。

新型コロナウイルスの初めて確認したのが

12月8日

だった発表があります。

2019年12月から7・8ケ月後にSARSやMERSが終息すると考えても、もし、日本国内で新型コロナウイルスが流行してしまえば、東京オリンピックの開催が心配になるのもうなずけてしまいますよね…。

現在は、日本国内での感染者も8人ということですし、大流行はまだしていないですよね…。

今後、日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大があれば、東京オリンピックの中止や順延などの影響が出てもおかしくない状態になってしまうかもしれませんね…。

そうならないように対策をしてほしいですね。

Twitterやネットの反応

まとめ

今回は「新型コロナウイルスで東京オリンピックは中止か順延?影響についても」ということについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

オリンピックは4年に1度しか開催されないアスリートにとってめちゃくちゃ大切な大会なんですよね…。

個人的な意見になってしまいすが、日本の新型コロナウイルスへの対策は不満もありますし、不十分さを感じずにはいられないです。

今後これ以上に新型コロナウイルスの感染が広まらないことを祈るばかりです。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。