災害

新型コロナウイルス6人目│奈良県バス運転手の病院はどこ?経緯も!

こんにちは!HARUです。

新型コロナウイルスの日本国内での感染者が新たに2人発表されましたね…。

1人は武漢市在住で観光で来日して愛知の医療機関を受診され、もう1人は奈良のバス運転手で中国への渡航歴はないということでもう怖さしかないですよね…。

今回は「新型コロナウイルス6人目│奈良県バス運転手の病院はどこ?経緯も!」と題しまして、新型コロナウイルスの感染者が6人目の奈良のバス運転手の入院先の病院はどこなのかや経緯についてまとめてみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう!

新型コロナウイルス6人目│奈良県バス運転手の病院はどこ?経緯も!

新型コロナウイルスに国内での感染者が新たに2人発表されました…。

加藤厚生労働大臣は、28日開かれた厚生労働省の会議で、日本国内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、このうち1人は中国・湖北省武漢の滞在歴がないことを明らかにしました。
滞在歴がない1人は、今月2回にわたって武漢からのツアー客をバスに乗せていたということです。
国内で確認された新型コロナウイルスの感染者は6人目で、武漢の滞在歴がない人で感染が確認されたのは初めてです。

引用:NHK NEWS WEB

渡航歴がないということは日本国内で人から人に感染したということですよね…。

感染者は奈良県在住の60代のバス運転手の男性です。

奈良県の病院に入院されているということですがどこの病院に入院されているのでしょうか?

奈良県の桜井病院に入院されているのでは?と言われていますね…。

正式な発表ではないので憶測になってしまいますが…。

また情報が入り次第追記していきたいと思います。

追記

正式な発表ではないですが、このようなことがいわれていますね…。

奈良県桜井市の病院(のぞみ診療所)を受診

奈良医科大付属病院で入院中

 

追記

バス運転手の行動

1月8日(水)から1月11日(土)
中国・武漢市から来たツアー客・31名 大阪⇒東京方面の空港まで乗せる。(マスクなし)

1月12日(日)から1月16日(木)
【1月8日(水)から1月11日(土)】に乗せた客とは別のツアー客・29名 東京⇒大阪まで乗せる(マスクあり)

体調

1月14日(火)
悪寒や咳・関節の痛み

1月17日(金)
奈良県内の医療機関を受診⇒異常なし・経過観察

1月25日(土)
体調悪化・再受診 肺炎の症状があったため別の医療機関に入院

濃厚接触者
104名 特に濃厚接触の可能性の高い人18名

ツアーのルートは発表されていませんが、東京から大阪間の観光ルートのゴールデンルートがあるんですね…。

奈良県の会見ではバスの運転手は

県外のあちこちを回った

と言われていますね…。

新型コロナウイルス│バス運転手の泊まったホテルはどこ?観光ルートもこんにちは!HARUです。 新型コロナウイルスに日本人も初めて感染してしまいましたね。 感染したのは奈良県在住の60代のバス...

Twitterやネットの反応

 

まとめ

今回は「新型コロナウイルス6人目│奈良県バス運転手の病院はどこ?経緯も!」ということについてまとめてみましたが、ということについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

新型コロナウイルスが中国への渡航歴のない人でしかも1日に何人の人と接するバスの運転手さんが感染しているのはもう恐怖でしかないですね…。

また詳しい情報が入り次第追記していきたいと思います。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。