災害

新型コロナウイルス│バス運転手の泊まったホテルはどこ?観光ルートも

こんにちは!HARUです。

新型コロナウイルスに日本人も初めて感染してしまいましたね。

感染したのは奈良県在住の60代のバスの運転手で大阪⇒東京、東京⇒大阪の間の観光バスを運転していたんですよね。

その間に色々な県に行かれて、ホテルにも宿泊しているということでどこを観光しているのか、どこのホテルの泊まったのか気になりますよね…。

今回は「新型コロナウイルス│バス運転手の泊まったホテルはどこ?観光ルートも」と題しまして、新型コロナウイルスに感染したバスの運転手の泊まったホテルはどこなのかや観光ルートについてまとめてみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう!

新型コロナウイルス│バス運転手の泊まったホテルはどこ?観光ルートも

奈良県に住む60代のバス運転手の男性は、今月8日から11日と12日から16日の2回、武漢からのツアー客を乗せたバスを運転し、28日、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。男性は県内の病院に入院し、容態は安定しているということです。男性は武漢の滞在歴がなく、運転していたバスは奈良県を含む国内各地を回っていました。県は、長時間旅行客と一緒にいたバスの車内で感染した可能性が高いと説明。

引用:Yahoo!JAPANニュース

新型コロナウイルスに感染されたバスの運転手は国内各地を回っていて、ホテルにも宿泊されています。

中国のバスツアー客と同じ宿泊先に泊まったとも言われていますし、どこのホテルに宿泊されているのでしょうね…。

日程は3泊4日になっているので、少なくとも往復で6回宿泊されていることになるんですよね…。

観光ルート

・東京(浅草・銀座・原宿・秋葉原)

・横浜(赤レンガ倉庫・新横浜)

・箱根(大涌谷・芦ノ湖)

・富士(河口湖・山中湖)

・名古屋(名古屋城・栄)

・京都(全部)

・奈良(東大寺・奈良公園)

・大阪(USJ・道頓堀・大阪城)

こちらが観光ルートのゴールデンルートと言われているようです。

そして宿泊したホテルについては情報が公開されていないので詳しいことはわかりませんが、この観光ルート内で宿泊はされているんですよね…

また詳しいことがわかり次第追記していきたいと思います。

追記

荒井知事は男性が運転していた中国の武漢からのツアー客を乗せたバスは、今月12日に千葉の成田空港を出発し、16日に大阪の関西空港に向かったとルートの一部を明らかにしました。
ツアー最終日の16日には、1時間ほど奈良公園に立ち寄り、この際、客はバスから降りたものの男性はバスに乗ったままだったということです。

引用:関西NEWSWEB

奈良公園に立ち寄ったことが明らかになりました。

なぜ一部しか公表しないんでしょうね…。

 

新型コロナウイルス6人目│奈良県バス運転手の病院はどこ?経緯も!こんにちは!HARUです。 新型コロナウイルスの日本国内での感染者が新たに2人発表されましたね…。 1人は武漢市在住で観光で...

Twitterやネットの反応

 

まとめ

今回は「新型コロナウイルス│バス運転手の泊まったホテルはどこ?観光ルートも」ということについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

詳しい情報は発表されていないため、憶測になってしまいますが、東京から大阪を観光されているのは間違いないんですよね。その間にある県に住んでいるとコロナウイルスが本当に身近な恐怖に感じますよね…。

また新しい情報がわかり次第追記していきたいと思います。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。