スポーツ

河野竜生(JEF西日本)の兄や甲子園や高校の経歴は?球速や成績は?

こんにちは!HARUです。

もうすぐプロ野球ドラフト会議が行われますね!!

2019年10月17日(木)17:00から行われるドラフトは見ているとどこの球団がどの選手を獲得するのか、ドキドキしますよね!

高校生、大学生、社会人とどの有力選手が今年はドラフト入りするのか今から楽しみです。

今年は社会人でドラフト入りするのでは?と言われているのが河野竜生選手です。

今回は「河野竜生(JEF西日本)の兄や甲子園や高校の経歴は?球速や成績は?」と題しまして河野竜生(JEF西日本)のお兄さんについてや甲子園や高校などの経歴、球速や成績についてまとめてみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう!

河野竜生(JEF西日本)の兄や甲子園や高校の経歴は?

河野竜生(JEF西日本)のプロフィールを見ていきましょう!

名前:河野竜生(かわのりゅうせい)

生年月日:1998年5月30日

出身地:徳島県

出身校:鳴門市第二中学校・鳴門高校

身長:174cm

体重:72kg

投打:左投左打

守備:投手

河野竜生選手は鳴門市立林崎小学校出身で林崎スポーツ少年団野球部で野球を始めています。中学生の時には軟式野球部に所属しています。

高校は徳島県立鳴門高校に進学しています。

河野竜生選手には3歳年上のお兄さん、河野裕斗さんがいるのですが、お兄さんも鳴門高校の野球部で甲子園に出場しているんです!

お兄さんは鳴門高校が63年ぶりに甲子園でベスト8の結果を残した時の主将で、その影響が大きく、鳴門高校に進学したようです。

そして1年生の時から先発で投げています。1年生から先発ピッチャーとして投げることができるのはすごいですよね!!

1,2年生の時は残念ながら初戦敗退という結果でしたが、3年生の時にはベスト8まで残っています!

高校3年間、3年連続して甲子園に先発ピッチャーとして出場するという史上5人目の記録を残しています!

お兄さんの河野裕斗さんは鳴門高校卒業後、明治大学に進学・卒業して現在は日立製作所で内野手の選手として野球を続けています!

河野竜生選手は鳴門高校卒業後、JEF西日本に入社して1年目から先発、中継ぎピッチャーとして活躍されています!

河野竜生(JEF西日本)の球速や成績は?

河野竜生(JEF西日本)の球速や球種についてみていきましょう!

河野竜生選手の球種としては、ストレート・スライダー・チェンジアップ・スローカーブなどとなっています。

最高球速は151キロなんですよ!

左投げでこれだけの球速、球種を投げることのできる投手はなかなかいないので、ドラフトで注目されるはずですよね!!

都市対抗・全日本選手権:7試合、46 1/3投球、防御率1.17、4勝0敗、38奪三振という成績をのこしています。

2018年11月の日本選手権では3試合で防御率0.33という結果を出しています。

防御率0.33はすごいですよね!!

 まとめ

今回は「河野竜生(JEF西日本)の兄や甲子園や高校の経歴は?球速や成績は?」ということについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

河野竜生選手は高校3年間甲子園に先発出場して、現在はJEF西日本で活躍されているまだ21歳の選手です!

左投げで最高球速151キロで球種も豊富なので今回のドラフトでも注目してみてくださいね!

今回はここまでにさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。