スポーツ

宇草孔基(法政大)は甲子園やU18に出場していた?大学日本代表なの?

こんにちは!HARUです。

もうすぐプロ野球ドラフト会議ですね!!

2019年10月17日(木)17:00から行われます。

毎年テレビでドラフトの特集が組まれたり、野球ファンだけじゃなくても注目してしまいますよね!

今年ドラフト入りをするのでは?と言われているのが法政大学の宇草孔基(外野手)選手です!

今回は「宇草孔基(法政大)は甲子園やU18に出場していた?大学日本代表なの?」と題しまして、宇草孔基(法政大)は甲子園やU18の大会に出場していたのか、大学日本代表なのかについてまとめてみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう!

宇草孔基(法政大)は甲子園やU18に出場していた?

宇草孔基(法政大)選手のプロフィールを見ていきましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#宇草孔基 選手 #法政大学野球部 #六大学野球 #東京六大学 #東京六大学野球 #tokyobig6

akari⚾︎さん(@ys3655k1513)がシェアした投稿 –

名前:宇草孔基(うぐさこうき)

生年月日:1997年4月17日

出身地:東京都墨田区

出身校:墨田区立向島中学校・常総学院高校(茨城県)

身長:185cm

体重:83kg

投打:右投左打

守備:外野手

宇草選手は高身長で俊足なんですよ!50mを6秒0で走るんだそうです!

宇草孔基選手は小学1年生の時から野球を始めて、中学生時代は墨田シニアでプレーをしています。

高校は茨城県にある「常総学院高校」に進学されています。

「常総学院高校」といえば野球の強豪校ですよね!

そこで、宇草選手は1年生からベンチ入りしています!

2年生の秋からはキャプテンになり、3年生の春の選抜甲子園に出場しています!

1回戦は米子北高校(鳥取)戦と対戦し、大会タイ記録の1試合5盗塁という結果を出しています。5盗塁はすごいですよね!

春の選抜甲子園はベスト8という結果でしたが、宇草選手は13打数4安打8盗塁という成績を残しています。

この結果が評価されて、高校野球日本代表になり、U18のワールドカップに出場されています!

宇草選手の成績は7試合11打数1安打でした。

高校3年生の時にもドラフト入りするのでは?と言われていましたが、プロ志望届を出さずに大学へ進学されています。

宇草孔基(法政大)は大学日本代表なの?

宇草孔基選手は法政大学に進学して、1年生の時からベンチ入りしています。

が、大学の1、2年生の時は11試合(そのうちスタメンは5試合)しか出場することができませんでした。

3年生の夏に打撃フォームを改良して、3年の秋リーグではレギュラーとして大会にす津城するようになりました。

法政大学は2018秋リーグで優勝、宇草選手も57打数19安打、2本塁打、打点7、盗塁6、打率.333(リーグ6位)の成績をあげています!!

そして、2019春のリーグでも好成績を残し、大学日本代表に選ばれています!!

フォームを改善されてからの活躍がすごいですよね!!


日米大学野球でも全試合に出場して活躍されています!

まとめ

今回は「宇草孔基(法政大)は甲子園やU18に出場していた?大学日本代表なの?」ということについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

宇草孔基選手は春の選抜甲子園に出場されていたり、U18や大学日本代表にも選ばれている選手です。

高身長で俊足、打撃も好調のようなので、今回のドラフト会議には注目したいですよね!

今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。