育児グッズ

あかちゃんが飲み物を飲む方法〈ストローマグ〉

こんにちは!HARUです。

赤ちゃんにいつからどうやって水分をあげるのかって悩みませんか?

私は産後1ヶ月くらいはミルクと母乳だったので、哺乳瓶は持っていたし、使っていましたが、その後は完全母乳にしてしまったので、哺乳瓶を水分摂取の為に使うことはなかったんですよ。

離乳食を始めたくらいから、

水分も摂れるようにならないといけないよなー

って思って、友達からもらったスパウトを使ってみてもうまくいかなくて、すぐにあきらめちゃったんですよね。

とりあえず、その頃はまだ母乳を飲んでいたし、そんなに焦らなくてもいいかなって思ってました。

でも、やっぱり水分補給できるようにしないとって思ったのが7ヶ月前後だったと思います。

今回は私が買っていればよかったと思ったり、実際に使用したストローマグをご紹介していきたいと思います。

購入すればよかったストローマグ

私はそんなに考えずいたのですが、後から

しまった!これを買えばよかった!

って思ったものがあります。それは、

リッチェル Richell アクリア コップでマグ ストロータイプR

です。

なぜこの商品を買えばよかったと思ったのか説明していきますね。

まず、この商品は生後6ヶ月頃から使えるストローマグなんですよね。

ストローマグって7~8ヶ月から対象ですよーってものが多いと思うんですけど、このストローマグはそれよりも早いんですよね。

次に、

ストロー部分のところに「PUSH」マークがあって、そこを押すとマグの中の飲み物がストローから出てくる

んです!

赤ちゃんってマグを渡してもそれがどういうもので、どうしたらいいのかわからないんですよね。

なので、このストローマグは赤ちゃんにストローを加えさせたら、「PUSH」ボタンを押してあげれば、飲み物が出てくるので、赤ちゃんが

これは飲みものが入っているものなんだな

っていうことがわかりやすくなると思うんですよね!

私はこのマグは使わなかったので、紙パックの飲み物を使って子供にストローの練習をしたりしてました。

紙パックの飲み物もそんなに安いわけではないので、このストローマグをもっと早く知りたかったと思いました。

あと、このストローマグはフタを外すとコップとしても使うことが出来るんですよね。

持ち手も持ちやすいし、赤ちゃんも慣れたマグでコップ飲みの練習もできるので、長く使うことができると思います。

初めて買ったストローマグ

私が実際に選んだストローマグは

リッチェル Richell トライ ストローマグ 200ml

です。

この商品はトライ ステップアップマグセットとセットになっているものもあります。

ちなみにセット内容は、

・スパウトマグ ・ストローマグパーツ ・コップマグパーツ ・ストローマグ用飲み口1コ

です。

マグ本体に吸い口が3つ付いていて、月齢によって使い分けられるものになってますね。

私はストローマグを買おうとしたのが遅かったということもあり、トライ ストローマグ単品のものを購入しました。

対象月齢は7ヶ月からになってました。

私がこのストローマグを選んだ理由は、

ストローの口に入れる部分がやわらかくて、

子供が口に入れやすいかな?

と思ったからです。

後は、リッチェルのマグってかわいいデザインのものが多かったんですよね。

男の子も女の子も「かわいい」と思えるし、キャラクターのものもあって、選ぶときに悩みました。

他にも、別パーツで保冷ボトルがあったり、ストロー等のパーツも別売りであるので、なくしちゃった時とか、買い換えたい時に便利だったんですよね。

マグって持ち歩くことも多いと思うので、暑い時なんかは保冷ボトルがあったほうが、安心して持ち歩きができますよね。

パーツも少ないので、洗う時も楽ですよ。

後は、電子レンジ、煮沸、薬液消毒(フタ・ボタンは煮沸のみ)もできますし、食器洗い乾燥機でも使用できるのがよかったです。

赤ちゃんが使うものは清潔に使ってあげたいので、お手入れが簡単なのは本当に助かるんですよね!

 

ピジョン マグマグ ストロー

私は、先ほど紹介したリッチェルのトライストローマグを使用していました。

出掛ける時も忘れないようにしていたのですが、実家に泊まりに行った時にストローマグを持っていくのを忘れてしまったんですよね。

急遽、実家の近くのお店で購入したのが、

ピジョン マグマグ ストロー

でした。

この頃には、うちの子はストローマグで上手に水分を摂れるようになっていたので、ストローマグならなんでもいいか、と思って購入しました。

このマグを使ってみてよかったのは、マグ側のストローが固く、少し「くの字」の形になっているので、ストローの位置がズレないんですよね!

リッチェルは本当に気に入っていたのですが、マグ側のストロー部分も柔らかく、少し長めなので、マグのフタをする時に、ストローの位置が安定しなかったんですよね。

何回もフタを締め直しても、ストローが飲み口の反対側を向いてしまうことがありました。

赤ちゃんは傾けたりして飲むので、まだマグの中に飲み物が入っていても、ストローから出てこないっていうことがあったんですよね。

その点、ピジョンのマグマグストローは、ストローが固定されるので、最後まで飲み物を飲むことができましたよ!

こちらの商品も部品が少ないので、洗うときに楽に洗うことができました。

まとめ

今回はストローマグについてご紹介しました。

離乳食を始めると、水分補給もどうしようかなって考え始めますよね。

私はちょっと考え始めるのが遅かったですが(笑)。

暑いときなんかは、母乳やミルク以外でも水分補給ができるようになると安心ですよね。

スパウトやストロー、コップなど子供の成長に合わせたもので、ゆっくり水分補給できるようになればいいなと思います。

ストローの練習してても、急に飲めるようになったりするので、子供って日々成長しているんだなーと思わされる毎日です。

赤ちゃん用マグの購入を検討される時は、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。